廃車処理の際に忘れてはならない還付金請求手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイカーを購入する際には、乗用車本体の費用以外に数種類の税金と強制加入の自賠責保険費用がかかります。車の購入時や車検の際に支払ったこれら税金や保険料に関する公式文書や領収証などは紛失しないように保存しておき、できれば各税金や保険料の金額を一覧的に明記した文書を作っておくことが大切です。なぜなら、マイカーの廃車手続きをする際に、きちんと還付金請求手続きをすることで戻ってくる税金や保険費用があるからです。戻ってくる税金や保険料は、手続きするタイミングによって金額が大きく違うということも知っておく必要があります。少しでも多くの還付金等を得たいのであれば、手続きをする時期を見定めることが大切です。月をまたいでしまうと、それだけ還付金が減額されてしまうからです。また還付金の受領手続きには期限がありますので、必要書類がそろったら速やかに受領手続きすることが肝要です。

抹消登録のメリットと手続きの委託先

車を廃車にするということは、乗用車の抹消登録手続きをするということです。高齢や病気などで所有している車に乗らなくなったからといって放置したままにしておくと、税金などを継続的に納める必要があります。車を使用するかどうかに関係なく、所有している限り納税義務などがあるからです。抹消登録を行うことによって納税義務などはなくなります。海外赴任などで一時的に車の登録を抹消したい場合は、一時抹消登録をすることができます。抹消登録手続きはさまざまな書類を用意したり、ナンバープレートを外して管内の運輸支局に持参するなど煩雑な手続きが必要になりますが、金銭面でのメリットはあります。ただ運輸支局の業務時間は平日のみですので、平日は仕事で手続きができない方や、手続きを自分でやる自信がない方は、買取専門業者に委託する方法があります。

勝手に廃車できないこともあるケースには注意

最近社会問題化しているのが、車の不法放置です。ある日突然自分の私有地内に勝手に車が捨てられているという事案は、都市やその周辺部で頻繁に起きており、自動車リサイクル法施行後も根絶していません。プロの仕業の場合は車のナンバーは取り外され、エンジンルーム内に刻印されている車台番号も削り取られている場合が大半で、所有者の特定が困難なケースも多いです。不法投棄と想定できる場合、被疑者不詳でも告訴はできますが、実際に所有者を特定して車を引き取らせることができるかどうかは未知数です。廃車処分しようにも必要な種類がそろいませんし、名義上は自分の車ではないので法的にも問題があります。ただ最近は自治体によってはそれぞれ条例を制定して車の撤去手続きができるようになったところもあります。勝手に処分せず自治体の担当セクションに相談することが大切です。

ピックアップ記事

廃車買取業者なら査定0円の古い車も値が付く可能性

それまで乗っていた古い車を下取りしてもらう際の買取査定がディーラーでは0円と言われてしまうことがあります。ディーラーとしては、下取り車は再度販売することが前提です。古いけれど手入れが行き届いていて車と...

プロに任せて安心!廃車手続き

マイカーの廃車処分を自力でやれば安く上がるかもしれませんが、結構な労力と時間がかかることがあります。手続きを受け付ける運輸支局は土曜、日曜、祝日は対応してくれません。年末年始も閉まっていますし平日でも...

3種類ある日本の廃車パターン

日本の廃車パターンは3種類あります。永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消登録で、いずれも普通自動車であれば運輸支局で、軽自動車であれば軽自動車検査協会で手続きします。永久抹消登録は車の解体が完了してか...

廃車時の還付金請求は業者に委託するのも一選択

車を購入する際には四つの税金がかかります。排気量や用途によって異なる自動車税、または軽自動車税は毎年4月1日時点での車検上の所有者にかかります。自動車取得税は購入時に取得価格に合わせた課税標準額に対し...