廃車買取業者なら査定0円の古い車も値が付く可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それまで乗っていた古い車を下取りしてもらう際の買取査定がディーラーでは0円と言われてしまうことがあります。ディーラーとしては、下取り車は再度販売することが前提です。古いけれど手入れが行き届いていて車として問題がないとか、年式が古いわりに走行距離がさほど長くない車や、生産台数が少なく希少価値がある車であれば、買い取った価格に利益を上乗せして再販することでメリットがあります。しかし、まず買い手がつかないようなさびだらけの古い車や、いくら修理をしたとしても過去に大きな事故を起こして車体に問題がある可能性がある車などの場合は無価値という判断になりがちです。下取り車を商品として考えているディーラーなので仕方がない面はあります。しかしそうした査定0円の車であっても、廃車の買取業者に持ち込めばある程度の金額で買い取ってくれるケースもあります。なぜなら、買取業者は車自体を再販するというよりも、車の使えるパーツそれぞれを商品と考えているからです。

新品タイヤや最新カーナビなどは高評価も

買取業者は基本的に車を部品の集合体とみており、どの部品に商品価値があるかで価格を決定します。どんなに古い車でも、たまたまタイヤだけは買い替えたばかりというケースであればタイヤの価値を算定してくれます。人気スポーツカーのメーカーオリジナルアルミホイールは市販されていないので希少価値があるケースもあります。最新型のカーナビゲーションシステムや新しいドライブレコーダー、盗難防止装置なども問題なく作動するのであればそれなりの商品価値があります。バッテリーやプラグなど内燃機関系の部品も使えるものであれば値段が付くことがあります。車体は鉄やアルミニウムでできていますし、ガラス部分も再利用できるものであれば価値があります。ディーラーではゼロ査定の車が買取業者では一定の値段が出るような場合は、ディーラーでは新車だけ購入し、古い車は廃車処分せずに買取業者に売却するという選択肢もあり得ます。

海外で走れる車なら古くても買い取る可能性

一般的にディーラーの場合は事故車や水没車の下取りには消極的です。きれいに修復して走行に関して問題はないとしても、中古車を買う客層側に事故車や水没車をあえて求めるニーズは高くないからです。車体の基本となる骨格部分を交換するような大規模な修理をした車に乗るのは、日本人の感覚では不安があるため商品にするのは難しいです。しかし、日本のように厳しい法律がない海外の国であれば、日本では無価値同然のぽんこつ車でもそれなりの価値があることもあります。こうした車については、輸出事業も行っている買取業者が買い取るケースもゼロではありません。日本では規制などをクリアできない車であっても、外国の規制はクリアしているのであれば、輸入後にその国で立派に走っているケースもあります。日本では廃車処分するしかないというような車でもグローバルな情報や国際販売ルートを持つ買取業者であれば買い取ってくれる可能性があります。

ピックアップ記事

廃車買取業者なら査定0円の古い車も値が付く可能性

それまで乗っていた古い車を下取りしてもらう際の買取査定がディーラーでは0円と言われてしまうことがあります。ディーラーとしては、下取り車は再度販売することが前提です。古いけれど手入れが行き届いていて車と...

プロに任せて安心!廃車手続き

マイカーの廃車処分を自力でやれば安く上がるかもしれませんが、結構な労力と時間がかかることがあります。手続きを受け付ける運輸支局は土曜、日曜、祝日は対応してくれません。年末年始も閉まっていますし平日でも...

3種類ある日本の廃車パターン

日本の廃車パターンは3種類あります。永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消登録で、いずれも普通自動車であれば運輸支局で、軽自動車であれば軽自動車検査協会で手続きします。永久抹消登録は車の解体が完了してか...

廃車時の還付金請求は業者に委託するのも一選択

車を購入する際には四つの税金がかかります。排気量や用途によって異なる自動車税、または軽自動車税は毎年4月1日時点での車検上の所有者にかかります。自動車取得税は購入時に取得価格に合わせた課税標準額に対し...